一日一組限定の宿泊施設

Accommodation limited to
one group per day

RIKYU SAKE BARオーナーコラム

2021/10/21

RIKYUがパワーアップする、というウワサです

NISHIZAWA

はじめまして。KYOMACHIYA-SUITE RIKYU の女将、奈月です。
実は女将と名乗ることに少しこっ恥ずかしさがありまして…ここだけの話、お客様には毎回「オーナーです」と自己紹介しています。そうは言うていてもややこしいですので、ここでは頑張って女将という名札をぶらさげて頑張っていきますが、なんせ女将らしさはゼロの人間です。
どうかあたたかい目で見てやってくださいね。

 

RIKYUをオープンしてかれこれ5年半。
築70年以上の伝統的な京町家は現代の人が見ても魅力的な空間へと生まれ変わり、これまで国内外、老若男女問わずたくさんのお客様に喜んでいただきました。

 

そんなRIKYUですが、実はいま改装工事を行っているんです。
「え?どこを改装する必要があるの?」と嬉しいお言葉もたくさんいただいております。
…ありがとうございます!!

これまでも十分お客様にご満足いただいていたのですが、もっと快適に、そしてもっと充足感を感じていただける空間を目指し、私たちが「ここはパワーアップさせたい…」と密かに思っていた以下の3か所がついに!ただいま改装工事、真っ只中です。

 

パワーアップその①【憧れの、半露天風呂】

RIKYUはコンパクトな京町家なので浴室も広くはないのですが、木の香りと小さな坪庭が眺められるのが特徴です。RIKYUでのバスタイムでもっと「ぷはぁぁぁぁ」とリラックスしていただくには…と考えた結果、小さかった窓を思いっ切り大きくすることに。

 

できるだけ窓を大きく開けられるように、という私たちの要望を受けて大工さんが一生懸命作ってくれています!窓を開ければそれはもう、憧れの半露天風呂!冷たい夜風を感じながら坪庭の紅葉を眺め、温かい湯気に包まれれば温泉気分が味わえます。

 

パワーアップその②【足元ポカポカ、床暖房】

冬の京都、さらに町家といえば寒いイメージがあるかと思います。

 

実際にRIKYUもこれまでクレームには至っておりませんが、1階では和室以外の部分で少し足元がひんやり感じることがありました。そこで今回、土間になっているダイニング部分・坪庭を囲むようにある廊下、トイレ、洗面所、浴室まで床暖房を設置することに!

 

これで夜のトイレも、「さむさむさむさむ!」と言いながら廊下を小走りせずに済みます。
足元ポカポカで、冬の京町家もより快適にお過ごしくださいね。

 

パワーアップその③【ワーケーションできちゃう、ワークデスク】

なんと和室の壁に、仕事はかどるワークデスクが誕生します。デスク下は半分が掘りごたつとなり、ここもポカポカ床暖房!もう半分は荷物が置けるスペースになっていて、本棚や引き出しも兼ねた機能的なデスクです。

 

お部屋でさくっと仕事したあとは、すぐ近くで京都観光やお食事も楽しめるロケーションもRIKYUならでは。京都の観光地ど真ん中の町家でワーケーションなんて、贅沢だと思いませんか?

 

10月末には工事が完了し、11月から満を持して営業を再開いたします!
この秋は NEW RIKYU に泊まって、紅葉シーズンの京都旅行を満喫しませんか?

 

コンシェルジュサービスで行程のご相談もお受けしておりますよ~
皆さまのお越しを心よりお待ちしております!